2018年05月07日

一夜漬け合格者が教える!最低限の努力で合格するための証券外務員攻略マニュアル








このホームページは次のような悩みを持っている受験生に向けて書きました。




〇どの参考書を使い、何を覚えていけばよいか分からない・・・


〇過去問を繰り返し解いてもちっとも頭に入らない


〇基本書を覚えるだけでも、時間がかかりとても間に合いそうにない・・・




このページであなたにお伝えしたいのは、


「証券外務員試験に知識ゼロから最短合格する学習法」



です。



ifVaeYza_KbVGjh1525936912_1525937224.jpg




「資格なんてとっても意味がない」という風潮





近年、一部を除き、各種資格試験や検定試験の受験者数は減少傾向にあります。



背景には「資格をとっても食べられない」とか「資格よりも実務だ」という風潮があるようです。



「簿記3級だろうが2級だろうが取得しても、実務未経験なら意味がない」という声もあがるようです。








☆こうした批判が多いのはなぜなのか?



資格があればそれで安心、というのはさすがに甘すぎますが、



なんら役に立たないと言うのも悲観的というか、ちょっと逆の意味で甘いと思います。



おそらく、そう言う人は資格を取れば何とかなるという甘い考えを裏切られただけだと思います。



「資格を取得する意味」というのが、



「それさえとっておけば一生安泰」「必ず就職が保障される」



ということを指すのであれば、そんな夢のような資格は存在せず、どんな資格も取得するだけ無駄です。



そうした期待を裏切られた人たちが批判をしているのかもしれません。






 ですが、資格を取ることが本当に無意味なのでしょうか?






ある資格を取って成功している人は、わざわざ



「この資格最高だよ!」



なんて書きこまないですよね。



仮に資格を取得して転職に成功をした人がいても



「この資格を取得すれば転職間違い無し」



みたいなライバルを増やすような発言をわざわざしたりはしないでしょう。



「資格より実務経験」が真実だとしても、



それは「資格取得は無意味」ということとイコールではありません。






 資格は、自分を少しでも優位に持っていくための武器です。






実力や実績、経験や作品群などのスキルが確立していれば資格は必要ではないかもしれません。



しかし、誰しも未経験者からスタートしているのです。
 


最初のきっかけをつかむために、努力の証明書を利用することは、



非常に有意義なことだと思います。



「経理未経験で簿記資格もない人」と「経理未経験だけれど簿記3級を持っている人



人事にとってどちらが魅力的な人材かは明白でしょう。



少しでも転職に有利に働くのであれば、取得する意味は確実にあるのです。



誰でも公平に受験できるので、すでに不利な立場にいる人間にとっては有利に働く可能性が高いのです。














資格を取るメリットとは?







☆採用時、資格が有利に働く可能性がある!



資格取得は「努力家」「まじめ」といった好印象を与えるはずです。



採用担当者は神様ではないので、仕事の出来不出来、将来の貢献度などを読むことは不可能です。



「資格」というわかりやすい判断基準は、採用側にとっても便利なものです。



採用試験で同程度の能力の方を比較するとき、



資格の有無が採否を分ける可能性があるのは簡単に想像できますね。








☆仕事の幅が広がり、昇進に役立つケースも!



「資格を持っていること」=「特定の分野に関してある一定の知識があること」を示すのは確かです。



そのため、チャンスが巡ってきた時に、その分野の仕事に関わる可能性が高まるでしょう。



資格を持っているから確実に年収アップが望めますというとその限りではないのですが、



少なくとも資格を持っていることが仕事をする上でのアドバンテージとなるケースというのは往々にして存在します。



資格を取得すれば「資格を取得できるだけのスキルがある」と、客観的に評価されます。



人に認められることによって、不安は自信に変わります!



資格が就職に役立たなくても、資格の取得によって得られる自信が役立つからです。





「自分は一生懸命勉強して資格を取った」



という事実は、一生涯、消えません!












さて、みなさんは「証券外務員」について興味、または受験するからといった理由で



このサイトに訪れたと思います。



そこで、あらためて「証券外務員」の資格を取ることのメリットを確認していきましょう。










証券外務員を取得するとこんなメリットがある!





☆メリット1:活用シーンの広がり



証券外務員は、証券会社限定の資格と思われがちですが、



実は金融サービスの多様化によって、銀行や保険会社、不動産会社、FP事務所など幅広い業種で活躍ニーズが高まっています。





☆メリット2:経済・金融に関する知識が学べる




試験科目として経済や金融の基礎的な知識をリアルタイムな視点で学べるので、



そこで得た知識は仕事だけでなく、自分の生活やライフプランにも生かすことができます。






☆メリット3:就活・転職の際にアピールできる



株価の影響などにより金融業界が活気のある時期では、


多くの銀行や証券会社で求人が増え、証券外務員資格の取得者にとっては就職が有利な状況が生まれます。





☆メリット4:短期間で取得しやすい



金融業界に関する予備知識がなくても、効率的に勉強すれば短期間で合格を狙えます。




就活前に取得してES(エントリーシート)や面接でアピールすることも十分可能です。





☆メリット5:他の資格取得にも役立つ



上位資格の証券アナリストやFP(ファイナンシャルプランナー)の資格とは学習範囲が重なる部分が、



資格によるキャリアアップの入門編としておすすめの資格と言えます。









証券外務員の資格を更に詳しく知ろう





金融機関などで有価証券の営業や販売、事務手続きに関連した業務(=証券業務)に携わるには


「外務員」の資格を取得し、その氏名を金融庁に登録することが法律で義務付けられています。



そのため、金融業界で仕事をする上では「証券外務員」は、まさに必須の資格と言えます。



「証券外務員」は、年齢などにかかわらず、



誰でも受験できます



試験は原則として月〜金曜日まで毎日実施され、プロメトリック(株)へ申込むことで、全国の主要都市で受験が可能です。


合格判定基準は70%以上となり試験終了後、試験会場で結果通知がわたされます。


「二種外務員資格」は株式・債権・投資信託の“現物”のみを扱える資格で、


「一種外務員資格」は現物取引以外に、信用取引・オプション取引・先物取引なども扱えます。


二種は「法令・諸規則」「商品業務」「関連科目」の3分野で、全14科目にわたって出題されます。


証券業務に関するものだけでなく、経済や金融、財務諸表、株式会社法などが


まんべんなく出題されるのが特長です。


一種は二種の科目に加えて、「信用取引」など4科目が追加されます。


「証券外務員」資格は、





金融業界で仕事をする者にとって「持っている方がいい」ではなく、


「持っていなければいけない」必須資格です。






もし、学生のうちに取得することができれば就職活動の際に、


業界への熱意や一定レベルの知識があることを評価してもらえます。


また、「お金の知識」はどんな仕事にも関わってくるので、


一般企業への就職でもアピールすることができるでしょう。


さらに、社会人の金融リテラシーとして、


自分自身の投資や資産運用に役立てることもできます。


金融業界の業務はお金に直接携わる、責任の重い仕事です。


証券外務員資格の学習を通して、事前に「金融マインド」や業界のコモンセンス(常識)に触れることで、


就職・転職後も戸惑わずに業界や現場にも入っていけるはずです。









証券外務員の攻略法!





証券外務員の合格率でいうと、



「二種外務員資格」は6割程度、「一種外務員資格」は4〜5割程度となります。



ただし、上記の合格率は全体の数字なので、



銀行内定者や新入行員はもう少し合格率が高いのではないかと思います。



以前は「二種外務員資格」を持っていないと「一種外務員資格」を受験できなかったのですが、



平成24年1月からは「二種外務員資格」を持っていなくても、



「一種外務員資格」を受験できるようになりました。



銀行によって異なりますが、





 多くの銀行、証券会社で「一種外務員資格」を受験させられます。



社内評価としては合格して当たり前との見方が大勢です。







ですが、合格率を見ても分かる通り、落ちる人は必ずいます。



さらに言うと、ハマってしまう(何度も落ちる)人もいるくらいの試験です。



なぜこの試験が難しいかというと、『証券』という勉強分野が、



内定者や新卒社員にとってほとんど馴染みがないからです。



ですので、初めて目にする用語や言葉がたくさん出てきて、苦手意識を持つ人が多いのです。



まずはテキストを読んで、問題集に挑戦するようにしましょう。




☆勉強ポイント!
 



@まずはテキストを読んで用語や言葉を理解しよう!



Aテキストを読んだら問題集にチャレンジ!理想は2〜3周解く!



B総仕上げは模擬試験(ネットで無料配布されています)にチャレンジ!





 「証券外務員」の資格を取るうえで最も重要なのは、



テキストと言っても過言ではありません!






証券外務員試験合格に必要なポイントを簡潔に、



分かりやすく最低限の努力で合格できるようにしたのが、





一夜漬け合格者が教える!

最低限の努力で合格するための証券外務員攻略マニュアル






 です。




証券外務員試験の過去問題を分析し、



出題頻度が高いものを優先的に学習できるように教材をつくりました。



学習で必要なのは、膨大な知識を身に付ける学習ではなく、





「合格するために必要な学習」です。





一夜漬けで合格した筆者が、特に重点的に学習したポイントを選び出しています。



ムダなく効果的に学習し、証券外務員試験に最低限の努力で合格できるためにつくり出したのが




一夜漬け合格者が教える!

最低限の努力で合格するための証券外務員攻略マニュアル





なのです。



「一夜漬け合格者が教える!最低限の努力で合格するための証券外務員攻略マニュアル」は、



証券外務員第一種および第二種の合格を目指すための問題集です。



1夜漬けで合格した筆者が、証券外務員試験に合格した際に



重点的に学習したポイントをまとめております。



また、解説の青文字の単語から赤文字の内容暗記するのみでテストに対応できる



ようにつくられております。



本書は、一問一答形式+解説付きの演習問題で構成されており



全177ページのPDFファイルでのご提供となります。




PDFファイルを開くには、AdobeReader(アドビリーダー)という無料ソフトが必要です。

通常、パソコンをお持ちの方は、すでにインストールされていると思いますが、

インストールされていなくてもインターネットで、

AdobeReader(アドビリーダー)というワードで検索していただければ、

簡単にインストールできると思います。

(システムに関して分からない点につきましては、

ご購入前でも、お気軽にご質問ください。)






さて、「一夜漬け合格者が教える!最低限の努力で合格するための証券外務員攻略マニュアル」のお値段ですが





36,900円でご提供させていただきます。

 



このマニュアルは、外務員試験を受ける方の中で



・最低限の努力で合格したい


・試験までほとんど時間がない


・たくさんの勉強をしたくない


・どこを勉強したらいいのかわからない




という方に向けて作られています。




特に最低限の努力で合格したい方向けに構成されています。




そのため、自分はコツコツと時間をかけて勉強できるよと言う方は、



会社からのテキストなどで全範囲を学習することをお勧めします。



上記に当てはまる方にとっては、



「一夜漬け合格者が教える!最低限の努力で合格するための証券外務員攻略マニュアル」の内容は、



ご満足いただけると思っております。





credit_logo_all4.jpg



pc_orderbutton23_Gothic.gif




販売手続きについては、ネット教材通販決済の大手であるインフォトップ株式会社の

決済システムを通じて行われるので、安心してご購入ください。

各種クレジットカードのご利用も可能となっております。

SSLで暗号化されたページで決済が行われるので、

カード番号・有効期限等の情報が漏れることはございません。




【ご購入の手続の流れ】



☆クレジットカード・BitCash・ちょコムeマネーによる決済の場合:

ご注文時のメールアドレスに注文確定メールが送信されております。

迷惑メールフォルダに入っている可能性もありますので、ご確認ください。


☆銀行決済の場合:入金確認に1営業日程度かかる場合がございます。

入金確認が完了しますと、注文完了メールが送信されます。


☆コンビニ決済の場合:ご注文が確定するまでに

1時間〜3時間ほどかかります。確定後、注文確定メールにてお知らせしております。



代金決済完了後

マイページより商品のダウンロードをしてください。



credit_logo_all4.jpg


pc_orderbutton23_Gothic.gif



電話注文はこちら



【特定商取引法に基づく表記】








posted by ガイム at 13:07| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: